2013年04月30日

今日は銀座で打合せ

今日は大学講義終了後、新規のお客様と打合せのため銀座に来ました。少し時間があるのでお茶飲みながら時間調整中。
銀座のど真ん中です。埼玉の田舎者には正直眩しすぎる街。

しかしこんな所に会社や店舗を構えるというのはホント凄いです。
私の知り合いにもこの銀座に事務所を構えている士業の先生が複数居ますが、どうやって家賃支払ってるんだろうと思います。
とてもじゃないけど貧乏性の私には無理。
これから伺う会社さんも何だか凄いお店のようなので、興味津々で話を伺ってこようと思います。
ではでは!


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 11:04| 日記

新しい法文集

新しい法文集が届きました。
平成25年4月1日施行版です。
IMG_5571.jpg

え〜っと、どんな改正が施行されたんだっけ?


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 10:43| 日記

クラフト封筒

お恥ずかしい話ですが…
開業して4年以上も経つのに…
未だに事務所の封筒はこんな感じ(^_^;)
IMG_5572.jpg

普通のクラフト封筒にペッタンペッタンはんこ押して使ってます。
普通の封筒と(長3)、A4用紙が入るサイズ(角2)のいずれも。

もしかするとこの手の物は事務所を立ち上げる時に前もって作成する方も多いと思いますが、当時は今以上に金銭的な余裕が無かったので取り敢えず・・・で始まって、ずるずる今でも使ってます。
弊所は基本的に、クランアントに書類(請求書含む)を送付する際は全てPDF化してメールで納品しますから封筒はあまり使わないんです。
届いた特許証や登録証を転送する時くらいですね。
なのであまり必要性を感じません。カッコ悪いかなぁ?

しかし見慣れてくれば、とってもECOで時代に合ってるんじゃないか?とさえ思えてくるから不思議。
ちゃんとした封筒作ればそれなりに格好いいんでしょうけどね。
当分はこのままクラフト封筒が続きそうです・・・


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 08:16| 日記

中仕事

「中休み」ならぬ「中仕事」の一日目。
朝一限の大学講義でスタート。

少し準備してから頑張って行きましょう。
電車少しは空いてるかな?


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 05:30| 日記

2013年04月29日

レクサスは現地生産しちゃダメ!…だと思いませんか?

TPP交渉による自動車の関税撤廃が事実上なくなったからというのが理由でしょうか、レクサスが一部車種を現地(北米)生産するという記事を目にしました。
価格競争力や利益を確保するという観点からは確かに正しいのでしょうが、レクサスブランドとして本当に正しい選択でしょうか?
私は絶対に反対です。

「Made in JAPAN」に対する価値が、現在のアメリカ人にどの程度あるのか私には分かりかねますが、沢山あるブランドの中で日本車を選択する人、特にその中でも高価格帯に位置するレクサスブランドを選択する人は、多分日本のことを嫌いじゃないと思うし(どちらかと言うと好き)、性能的な面でも日本に対して絶対的な信頼性を持っている人だと思うんですね。
そういう人達にとって、「あの日本で生産されている」ということはやっぱり凄く重要で、ブランドの物語性を発揮させる「基」になるものじゃないかと思うわけです。
かなり極端に例えると、フェラーリやランボルギーニが中国製だったら魅力が半減するのと同じです(部品レベルでは世界中から調達していると思いますが)。

それとも私の考え方が古く、数値的な性能さえ同じならどこで生産しているのかなんてあまり気にしないのでしょうか?
なんか私はそうじゃないと思うんですけどねぇ。TOYOTAブランドはそれでもいいでしょうが、レクサスはそうあるべきではないと思います。
みなさんはどう思われますか?

※因みに私はレクサス好きではありません。どちらかというと嫌いな方です。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 14:32| 日記

切替インビ来た来た!

クレジットカードの切替を申しこんでましたが(過去の記事)、このGW真っ只中に事務所に切替インビが無事到着!

IMG_5569.jpg
今まで使っていたカード番号を書き、切替欄にチェックして完了。とても簡単。
これで年間8万マイルのANAマイル移行制限から開放されるのでグンと使い勝手が良くなります。
それとエコノミー搭乗時でもANAラウンジ利用が可能になるのでこれは便利。普通のカードラウンジは搭乗口から遠く離れた場所にあったりしますが、ANAラウンジは搭乗口の真正面とかに位置しててかなり使い勝手がいいですから。
年会費が2万円ほど高くなるけど、十分もとは取れるでしょう…多分。

海外もいいけど、沖縄に行ったことがないので、カードの切替が完了したら沖縄(やその周辺の島々)にぶらっと行ってみようと思います。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 10:26| 日記

会社設立シミュレーション

会社を設立した場合のシミュレーションを色々やってます。
節税面だけ見てもやっぱり設立するメリットは大きいですね。
特許事務所の売上が昨年と変わらないとすると、少なくとも年間50〜60万円のキャッシュフローが生まれる計算になります。
毎年の事ですからねぇ、かなり大きいです。10年でそれなりの車一台買えますから!

一つ一つは小さな額でも、上手く微調整(決して違法な事をするわけではありません。既存の制度を効率よく利用するという意味です。)すれば年間でこれくらいの金額は変わってきます。
そう考えるとやっぱり会社設立しない手はありません。

ただ気を付けなければいけないのは、上記のメリットは、
「特許事務所としての売上がある程度確保できている」
ことが大前提になります。

年間の売上高が1千万程度では全然メリットないと思います。
2000万を超えてくるとそれなりにメリットが得られるというイメージでしょうか(弁理士1人事務所の場合)。

しかし税理士さんに顧問をお願いしていても、なかなかここまでは教えてくれないのではないかと思います。でも税理士さんはちゃ〜んと自分はそのようにやっているので自分だけずるいなぁ…と思います。
考えるのが面倒な割にはお金が取れないからそこまでアドバイスしないのでしょうか?
私もかなり勉強した上で、知り合いの税理士さんに確認の為聞いてみたところ(万が一違法な内容が含まれていたら困るので)、『よくそこまでご存じですねぇ!』とちょっと驚かれました。
そういう意味では、独立しようと考えている方は、税金の知識はあった方が絶対にイイですね。同じ売上でも身入りが随分と変わってきますから。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 07:26| 日記

2013年04月28日

8万km目指して走る!

今回はランニングではなく車のこと。
新車で購入してから3年8ヶ月、現在77500km走りました。
IMG_5566.jpg

このGWに帰省で新潟往復するので約700km。
連休明けに京都まで往復するので1200km
5月12日に新潟で行われるハーフマラソンに参加するのでその往復で600km。
合計2500kmになります。
そうするといよいよ8万km突破!

このペースで走ると2度目の車検(5年目)までに確実に10万kmは突破です。
やっぱり車は乗ってナンボですからねぇ。新しい車に乗り換えたいという思いもありますが15万km位までは頑張ってみよう!
ちゃんとメンテさえすれば30〜40万km位は十分走れるんだろうなぁ。メンテが相当高くつくと思うけど(^_^;)


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 19:05| 日記

2013年04月27日

弁理士として独立して成功する人

4年間ほど「独立系弁理士の集い」という集まりを主宰してました。
実際には15〜16回集まったと思います。

独立したばかりの小規模事務所の所長や、それを夢見る勤務弁理士が集ってあーだこーだと情報交換する集まりです。凄く楽しい集まりでした。

…でずっとやってると、独立して上手くいく人とそうでない人が出てきます。
これから独立しようと考えている人も多いと思いますから、私なりに傾向を分析してみました。
もちろん私的な意見ですのでその点はご理解を。


【上手くいく人の傾向】
・明るい
・人の話を聞ける(自分の話ばかりし過ぎないという意味)
・お酒の付き合いができる
・情報発信力が高い
・パッと見た目の清潔感がある
・若い


上手く行かない人の傾向は上記の反対です。
その人の実務能力とかは全く分からないので判断しようがありませんが、間違いなく上のような傾向はあると思います。当たり前の事ばかりかも知れませんけど。要は、「なんか苦手なタイプだなぁ」と思われないことが重要でしょうか。多分お客さんもそう感じるんでしょうね。

一方、実務経験年数とか出身大学とかは殆ど関係が無いように思います。特に実務経験は、なまじ長くない方が良いのではないかとさえ思います。全く未経験というのはさすがに無理があるかも知れませんが、2年程度の実務経験で十分ではないかと(因みに私は特許事務所の実務経験としては4年で独立しました)。それより初めて対面する業務でも尻込みせずにやってみるパワーがある方が絶対にイイ。

それと重要なのが「情報発信力」。
手段は色々あるでしょうが、「私はここに居てこんなことやってますよ」ということをちゃんと狙った所にアピールできる力は絶対に必要です。どこを狙うかはセンス。

また、年をとってからの独立開業は結構厳しいのかなぁ…なんて感じてます(概ね50歳位でしょうか?)。理由は分かりませんが結果そのような傾向にあるのでは…というだけ。紹介とかなら別でしょうが、例えばネットで検索して事務所を探す場合に、年輩の人よりも若い方がフットワークが軽くて頼みやすそうな印象があるのかも知れませんね。


弁理士 岩崎博孝

posted by 弁理士いわさき at 17:38| 日記

パテントマップ

近々仕事でパテントマップを作成する必要が出てきそうなので、知識をバージョンアップする為にパテントマップに関する本を2冊購入。
うち1冊が本日事務所に届きました。
IMG_5556.jpg

残りの1冊は明日届くようなので、この連休中にザザッと読んでみようと思ってます。
調査は頻繁にしてますけどね。それをマップに落とし込む作業は普段殆ど行わないのでよい機会だし、色々と勉強してみようと思います。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 16:25| 日記