2017年10月31日

訃報

恩師がお亡くなりになりました。


私が特許業界に入ることができたのはこの方のお陰でした。
未だ弁理士試験に合格できる前、特許業界の経験が全くない私を拾って下さり、特許技術者としてスタートを切ることができました。


明細書作成を一から教えてくれたのはこの方でした。
一番最初は色んな公報を読みなさいと、1ヶ月くらい公報ばかり読んでました。
その後「手書き」で明細書を書く指導を受けました。赤字で添削され、何度も何度も書き直し提出したのを今でも覚えています。
明細書を添削してもらった際の一番最初の先生の言葉を今でも覚えています。
「日本語がしっかりしている。」
他に褒めるべきところがなかったので、そう言わざるを得なかったのだと理解していますが、どこか良いところを見つけてそこを積極的に褒めて下さる先生でした。


この先生と生まれて初めて新幹線のグリーン車に乗りました。
弁理士試験に合格した後、お客様のところ(名古屋)へ出張する際、
「弁理士になったんだし、グリーン車乗ろうか!」
といって新幹線のグリーン車で出張に連れていってもらいました。
車内でお弁当食べながら、色々な話を伺いました。


何より可愛がって下さいました。
いつも私を誰かに紹介するとき、私のことを「金のたまごです。」といって紹介して下さいました。
いつもどう対応してよいか分からず引きつり笑いしかできませんでしたが、もう一度そうやって紹介してもらいたいです。

いつもちょっと猫背で、
いつもニコニコ笑っていて、
茶色のジャケットがお似合いでした。


もう一度お目にかかりたかったです。
そのことだけが悔やまれて仕方ありません。

先生ご指導ありがとうございました。
心よりご冥福をお祈り致します。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 08:12| 日記

2017年10月30日

今日から新件に着手!

受任時に「既に依頼を頂いている案件がたくさんありまして、直ぐに着手できないのですが大丈夫でしょうか?」と事前にお断りした上で受任していた案件の1つに今日から着手!

本当にお待たせしてスミマセン<(_ _)>
品質を落とさない範囲で可能な限り早く進めます。

ただ今週も東京出張が入ってますし、新潟企業周りも(少なくとも1日は)実行しないとこちらはこちらで遅れ遅れになっているので進めないわけにも行きません。
・・・ということで頑張るしかない訳です(^_^;)

幸いなのが、既に出願済みの案件と技術的に関連する部分もあるので、その時の明細書や図面をある程度流用して作成することができるかなと踏んでおります。
出張等が入っていますが、上手くすれば今週中にはチェックして頂けるところまで持っていけるんじゃないかと思っています。

今日も頑張りましょう!


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 07:10| 日記

2017年10月29日

やっちまいました(T-T) #ゴルフ7フロントガラス交換

ゴルフバリアント号のフロントガラス
やってしまいました(T-T)

IMG_0178.jpg
ガソリンスタントで給油していたら、スタンドの店員さんが
「ガラスヒビ入ってますよ」と教えてくれました。

ちょうどワイパーが納まる部分なので、運転していても全くヒビは見えません。
先日車を点検に出した時にはなかったのでそれ以降のことになりますが、点検以降は高速も走ってないし正直身に覚えがありません。イタズラのようにも思えませんが。

早速ディーラーに連絡してガラス交換の手配を済ませましたが、交換費用に驚愕!17〜18万万もするそうです。10万円くらいならまだしも、この金額はかなり財布に響きます・・・レインセンサーなどのセンサー類を交換する必要があるようで、それで金額が跳ね上がるようです。更にレーンキープアシスト用のカメラなどが付いているモデルは(幸い私のは付いていない)もっと高いそう((((;゜Д゜)))))))


ただし不幸中の幸いも2つありまして、
もともとガラス交換したいと思っていたので、よいきっかけになったと思えること。
実はこの車、新車で購入した時からフロントガラスにワイパー傷が沢山あり(その時の不満を書いた記事はこちら)ガラス交換しようしようと思いつつも、交換に踏み切れずにおりました。特に雨の夜間、ワイパー傷による乱反射ではやはり視界が悪いので、事故などを起こす前に交換に踏み切れたのでよかったとも思えます。これが1つ目。

2つ目は、つい1ヶ月程前に自動車保険をVW正規ディーラーが取り扱う保険(こちら)に切り替えていたのですが、この保険にフロントガラス損害保証が付帯されていたこと。本来の自動車保険を使うことなく9万円までフロントガラスの交換費用を補填してくれます。なので実際の負担額は8〜9万円で済みそうです。
「高速走る機会も多いからフロントガラス保証があるのは安心かも!」とたまたま正規ディーラーの保険に切り替えていたのが効を奏しました!まるでこうなることを予知していたかのようです( ̄ー ̄)


視界が悪くて事故、特に人身事故なんて起こしたら大変です。きっと交換しないままでいるとそうなってしまうことを回避するべく、今回割れてくれたんだと思います。
そう思うと逆に割れてよかったとすら思えてくる。う〜んポジティブ v(^_^)v


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 08:46| 日記

2017年10月28日

この映画がみたい!

この映画がとても見てみたい!
「静かなふたり」
舞台はパリ
http://mermaidfilms.co.jp/shizukanafutari/




なぜ見たいのかというとパリが舞台となっているから。それだけ(^_^;)
パリには2度訪れており、パリ市内を自分の足でグルグルと何度も走り回っています。なので「あっあの場所だ!」というところが沢山出てきそうで、それを楽しみたいわけです。

上の予告編だけでも2箇所ほどそういう場所が登場してました(^_^)
必ずもう一度訪れたい街の1つですが、直ぐには行けそうにないので映画を観て思いを馳せたいと思います。


弁理士 岩崎博孝

posted by 弁理士いわさき at 05:46| 日記

2017年10月27日

中近両用

昨日眼鏡を1つ作りにいきました。
今回は「中近両用レンズ」なるものをはじめて試すことに。
普段の仕事用です。

私は現在3種類の眼鏡を使い分けていて、
@遠方単焦点
A遠近両用
B近方単焦点
の3つを使っています。

車の運転は@かA
普段の生活はA
仕事中や読書などの時はBといった感じ。

いままでこれでなんとかなっていたのですが、Bの眼鏡の時にとても疲れるようになってしまいました。
PC画面を見ているときはよいのですが、手元の資料とか新聞とかタブレット端末など極近場を見るときがBの眼鏡を使ってもぼやけます。そうです老眼の更なる進行(T-T)

Bの眼鏡を更に2つに分けるというのも有りですが、今回は中近両用タイプを試してみることに。要は室内用の遠近レンズみたいな感じでしょうか?

試着したところ目の疲れも感じないので、一度使ってみたいと思います。
仕上がりまで一週間、待ち遠しいですね(^_^)

近視だけの時はそれ程困ったことは無かったですが、それに遠視(老眼)が加わるとホント大変です。
近視の人が遠視になってら±0で正常に戻ってくれたら良いのになぁ(^_^;)


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 08:01| 日記

2017年10月26日

2018年は「JAL修行」したい!

「JAL修行」ってなんだという方も多いと思います。
JALはもちろん飛行機のJALです(^_^)

ANAもそうですが、空港会社には上級会員制度みたいなのがあって、それに該当する人は色々と優遇される訳です。例えば、
・エコノミー利用でも空港会社のラウンジが使える
・預けられる荷物量や個数がUP
・座席のアップグレード
・優先搭乗
・優先レーンの利用
・特典航空券がとりやすい

といった感じ。
特に特典航空券が取りやすくなるのはとても助かります。

・・・で要は、一年間の間にたくさん飛行機に乗るとこの上級会員資格を得ることができるようになるわけです。
その上級会員は、原則、飛行機にさくさん乗った年の翌年1年間の期間限定なわけですが、その資格がある間に「JGC(ジャルグローバルクラブ)」というJALのクレジットカードを発行すれば、そのカードを持っている限り、上級会員資格が維持され続けるというもの。
ANAの場合は「SFC(スーパーフライヤーズカード)」が相当します。
バカみたいと思われるかも知れませんが、一度これを味わってしまうと普通には戻れません。


私は既にSFCは持っているので、スターアライアンス系の飛行機に乗る時はとても助かるのですが、やっぱりワンワールド系も持っておきたいですし、ANAとJAL両方使えると国内ではかなり便利なので、来年挑戦する予定です。

それを達成する為に意味なく(意味はあるけど)飛行機に乗りまくるので「修行」と呼ばれます。
飛行機を使っての出張族でもない限り、普通では絶対乗らない程たくさん飛行機に乗らなければいけないので「修行」なのです。

私も4年ほど前に「ANA修行」で飛行機乗りまくってましたが、実際やってみると色々な発見や出会いもあり、十分楽しめました。お金もそれなりにかかりますが(50〜60万くらい)、それだけの価値は十分にありますね。間違いなく。


ANA修行したお陰もあって、現在は特典航空券で色々な場所へ行けるようになりました。
最近は陸マイラーとしてマイルを貯めて特典航空券に交換してマラソン旅行へ!
というのが私の趣味となってます。

以前にも書きましたが、ハピタスとかのポイントサイトを上手く利用するとお金を一切かけずに相当のマイルを貯めることができるので(ポイントサイトだけで年間5万マイル以上は十分貯めることができる)、利用しない手はないです。
最近はポイントを貯めること自体を楽しんでる感もあります(^_^;)

今はこのポイントをJALマイルに変換して、来年の修行の際の飛行機代に回そうと思っています。
本来なら50〜60万円くらい必要なところ、マイルをe−JALポイントに交換して航空券の購入に回せば半分くらいの費用負担で「解脱」(※修行が完了することをこう言います。因みに修行する人を「修行僧」と言います(^_^;))することがきるので助かりますね。

だれか一緒にJAL修行してくれる人いないかなぁと思う今日この頃(^_^)


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 16:01| 日記

新潟企業訪問を実施!

今年の4月から、新潟県知財総合支援窓口の「知財アドバイザー」を担当させてもらっています。
その関係の業務としして、県内企業に「知的財産関連制度を紹介して回る」という仕事があり、私は今期12社を担当することになっています。

6月頃には既に資料が届いていたのですが、新潟オフィスは私一人で回しているのでバタバタしていて、なかなか企業周りをする時間が確保できませんでした。

・・・がようやく時間を取れそうになってきたので、来週あたりから11月末までの間に少しずつ訪問を実行したいと思います。

ただ12社といっても新潟県の北から南まで地域がかなりばらついているので1日で全部回るなどはとても無理。どんなに効率良く回っても4日、恐らく5〜7日くらいはかかると思います。

ちょうど紅葉の季節になってきているので、新潟県内各地の紅葉ドライブも兼ねて楽しみながら回りたいですね(^_^)


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 08:44| 日記

2017年10月24日

無事台風過ぎていきました。

昨日は新潟もかなりの強風が吹き荒れていましたが、今日は一転して穏やかな天気。
まだ空には雲が残っていますが、陽も射して青空も覗いてます。

IMG_0155.jpg
※事務所ベランダより

やっぱり天気がいいと気持ちも上がりますね。
今日も頑張りましょう(^_^)!


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 08:12| 日記

2017年10月23日

AIと弁理士業務

AI(人工知能)によって弁理士業務が代替されてしまい、弁理士業務がなくなってしまうのでは?・・・といった議論が至るところで存在してます。

色んな意見があるようですが、ざっくり纏めると
(1)「特許明細書作成業務は代替不可能」
(2)「それ以外の業務(商標とか年金維持管理とか)の業務は代替可能」

といった感じでしょうか。
但し(1)は、「直ぐには無理」とか「20〜30年はかかる」といったニュアンスが強いようです。


私は「絶対に且つ略完全に代替されてしまう」と思っています。
明確な理由はありません。そう感じることが理由とといえば理由です(^_^;)

AIの進歩は恐らく想像を遙かに超えたスピードで進むだろうと思うので、世界中の公報類やインターネット上の情報を知識として読み込んでしまえば余程人間よりも優れた明細書が書けるだろうと思います。加えて、人が書くよりも最初から進歩性がキッチリ確保された明細書となる可能性が高いので、無効審判による権利消滅といったケースも少なくなり、却って特許制度への信頼性も向上するとすら思います。中間処理においても同じ、過去の審決例など全て読み込んでしまえば可能でしょう。

もちろん当初は文章として違和感があるとか、用語の問題とか、文章として正しくないとか色々不完全な部分は残るでしょうが、そんなの直ぐに解消されると思います。

「直ぐには無理」とか「20〜30年はかかる」といった意見は、『自分が弁理士として現役の頃はまだ無理・・・であって欲しい』という願望から来ているものではないでしょうか。
独自機能を深堀りしていたガラケーが一気にスマホに置き換えられてしまったように、弁理士業務(弁理士だけでなくて弁護士含めた士業全て同じだと思いますが。)もそうなってしまうでしょうし、そうならないといけないと思います。だってその方が社会全体の幸福度が間違いなく高くなるでしょうからね(当事者の弁理士は大変だと思いますけど)。
ガラケーのように一部は生き残ると思いますが、あくまで一部でしょう。

AIとは直接関係ありませんが、弁理士報酬の下落について6年ほど前にもこんな記事を書いてました。
敵は同業者の増加ではなくインターネットだと考えている点で共通する部分がありますね。今でも考えは変わっておりません。


かくいう私自身も弁理士なので、AIによる代替にもちろん不安はあります。
だって仕事が無くなる訳ですから((((;゜Д゜)))))))

コンサルティングの段階から入り込もうとか色々な意見があるようですがどうなんでしょうか?
弁理士全員が食べていけるようなパイはそこに無いように感じます。

私はいざそうなったら潔く弁理士など辞めて全く別の道を進むだろうと思います。
「発明家」になって権利売却やライセンスによって収入を得るとか、案外面白いかもしませんね。私自身にそんなアイデアが浮かぶかどうかは別にして(^_^;)
そうなってしまう前に、色々な事にチャレンジしておきたいと思っています。特に趣味を増やして深堀りしておくのが良いなと思ってます。きっとそういった部分から「次」に繋がる何かを見いだせることを期待して!


弁理士 岩崎博孝

posted by 弁理士いわさき at 07:53| 日記

2017年10月22日

Apple Watch

単独での通信がようやく可能になった「Apple Watch
これによって魅力が格段に増えましたね。

42-alu-silver-nike-plat-black-nc-s3-grid_GEO_JP.jpg
※画像はアップルHPより引用

今回のモデルになってようやく「欲しいな」と思えるようになりました。
一番良いなと思えるのは、ランニングにiPhoneを持っていかなくてよくなる点。

ランニング中にお客様から電話がかかってくることもありますしね。今まではいつもiPhoneと一緒に走ってましたが持たなくてもよくなります。
でも、走っている途中で綺麗な景色や花なんかに出くわすと思わず写真撮りたくなるので、「あっiPhone置いてきた!」なんてことになるのかも知れませんね。実際は(^_^)

もう少し駆動時間が増えたら本当に買ってしまうだろうと思います。
現在最大18時間(実際使うと半分くらい?)らしいのですが、せめて今の2倍は欲しいです。
ガンガン使っても20時間くらい(早朝から深夜まで)は使えるようになると、バッテリーをある程度気にすることなく使えると思います。

ソーラーパネルとか内臓されてバッテリーを補完してくれると共に、最悪充電デバイスがなくても日光で充電とかできるようになったらいいなぁ
若しくは機械式時計の「自動巻」のように、装着時の手の動きを駆動力に変換できる機能が加わったりするといいなぁ

購入はもう少し「待ち」かなぁ(^_^)


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 20:05| 日記