2018年01月08日

知財検定3級過去問解説 第28回 学科 問7

【問7】

著作者人格権は一身に専属するため、譲渡そのものができません(著59条)。

登録しなければ第三者に対抗することはできませんが、効力は発生します(著77条)。「第三者に対抗できない」とは、著作権を譲渡した当事者(譲渡人と譲受人)以外の第三者に対して、譲渡されていることを有効に主張できないという意味です。

著作権は一部の譲渡、例えば公衆送信権のみの譲渡も可能です。


【解答 イ 】合格教本6−8、6−18参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してくだ

さい。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 05:00| 知財検定過去問解説