2018年02月28日

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問28

【問28】

商標を継続的に使用することによりその商標に化体するのは「業務上の信用(グッドウィル)」です。


【解答 業務上の信用 】合格教本4−1参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月27日

4月以降、忙しさが加速しそう・・・

一般記事としてのブログ、久しぶりの更新です。
毎日知財検定の解説記事はアップしてますが、あの記事は一度にある程度纏めて作成し期間を設定して自動的にアップしているので、実際に記事を書くのは久しぶりなわけです(^_^;)


先程まで仕事に集中していましたが、急に電池が切れました。
資料読んでも全く頭に入ってこないので、少し気分転換です。

先週も今週も本当にバタバタ続きですが、この状態で4月以降大丈夫かなと少し心配になってきました。
・新潟工科大の講義もスタートするし(週1回)、
・知財総合支援窓口配置専門家(弁理士)の仕事もスタートするし(月1〜2回)、
・知財検定テキストの出題範囲変更の対応もしないといけないし、
・本業でも新規の顧問契約のお話しが3件持ちあがってます。多分3件全てはお引き受けできないので、少なくとも一つはお断りせざるを得ないと考えています。


現在は決して拡大志向でないのですが、本業も「緩やかな拡大」が収まらない感じです。
もう少し積極的に仕事を絞るなり、他人に任せるなりを考えないといけない時期なのかも知れません。
ただ何の後ろ盾もない個人事業主なので、お客様からの依頼を断るというのは本当に勇気が要ることです。まだそこまでの境地には到達できないで苦しんでおります(^_^;)

さて気分転換に、ひとっ走りしてこようかな(^_^)


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 16:24| 日記

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問27

【問27】

出願印紙代   14,000円(請求項数に関わらず一律)
審査請求印紙代  118,000+(4,000✕8)=150,000円

合計  164,000円


【解答 164,000円 】合格教本該当ページなし
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月26日

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問26

【問26】

 確かに原著作物の著作者は、二次的著作物の著作者が有するものと同一の種類の権利を有しますが(著28条)、二次的著作物の著作者そのものになるわけではありません。また、法人著作に該当する場合には映画制作会社が著作者となるのであって、常に映画監督が著作者となるとも限りません。(著15条、16条)。

 問題文記載の通りで適切。

 Ⓒマークの表示は、ベルヌ条約ではなく「万国著作権条約」で定められる内容です。また、我が国が加盟するベルヌ条約では「無方式主義」が採用されており、このような表示をしなくとも著作権は発生し権利も主張可能です。


【解答 イ 】合格教本6−1、6−20参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月25日

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問25

【問25】

 特許法において『特許権が共有に係るときは、各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、その特許権について専用実施権を設定し、又は他人に通常実施権を許諾することができない。』と規定され(特73条3項)、この条文を意匠法でも準用しています(意36条)。

 通常実施権の許諾を受ければ権利侵害となりません。また、通常実施権の許諾にあたり範囲を限定することも可能です。よって適切。

 専用実施権と異なり、通常実施権は当事者間契約(許諾)の段階で効力が生じます。よって適切。


【解答 ア 】合格教本1−15参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月24日

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問24

【問24】

 問題文記載の通りで適切。

 国際調査は、国際出願されたものは全て、即ち、請求せずとも自動的に行われます(PCT15条)。

 問題文記載の通りで適切。


【解答 イ 】合格教本5−3参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月23日

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問23

【問23】

 特許権の効力は我が国の領域(領土、領空、領海)全体に及び、特許権者の販売地域に限定されるものではありません。

 その商品にとっての主な機能であるか否かは特許権侵害とは全く関係ありません。特許権に係る表示機能を使用している限りにおいて権利侵害となりますから適切な発言です。

 問題となる3D表示機能が搭載されなければ特許権侵害とはならないため適切な発言です。


【解答 ア 】合格教本1−14参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月22日

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問22

【問22】

『この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。』 と規定されていますが(特2条1項)、「コンピュータ言語」は人為的な取り決めであって自然法則を利用しておらず、また、「サッカーのフリーキックを蹴る方法」は繰り返しの練習によって体得できるものであって技術的思想でないため「発明」に該当しません。


【解答 イ 】合格教本1−2参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月21日

知財検定3級過去問解説 第28回 実技 問21

【問21】

 意匠法には出願公開制度は設けられておりません。審査を経て登録となったものだけが意匠公報として発行されます。

 図面についての補正であっても、必ずしも要旨変更となるとは限りません。例えば6面図のうち1図だけに僅かな作図上の間違いがあり、それを他の5図に合わせるような補正は要旨変更とされません。

 『意匠登録出願人は、その意匠登録出願を特許出願に変更することができる。』と特許法において規定されています(特46条2項)。


【解答 ウ 】合格教本1−9、3−3参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 05:00| 知財検定過去問解説

2018年02月20日

油断すると直ぐ太る・・・

私は根っからの太る体質なのだと思います。
油断すると直ぐ太る(T-T)


昨年10月にギックリ腰で腰を痛めて毎日のランニングができなくなった途端、5kg増です(^_^;)
最近になってようやく腰の違和感も和らいできたので、少しずつランニングを再開しているところ。

早くもとの体重に落とさないといけません。
3月にはハーフマラソン、4月にはフルマラソン2本エントリーしていますが、今の状態ではとてもじゃないですが走れないです。

太ると普段の生活にも支障がでます。
洋服がキツく感じるようになるので、ゆったりした着心地が好みの私にとってはとても不快なわけです。
とにかくフットワークが鈍くなりますよね。
お客様に対する印象も(よくない方向に)変わるでしょうから、仕事面でも望ましくありません。

まずは週3日くらいのランニングを継続し、慣れてきたら以前のように週6ペースに戻そうと思う。
走ってさえいれば、過度な食事制限しなくても体重はいいところに落ち着いてくるだろうし。

さて、今日は遠方に出張しての仕事のため現在移動中。
今日も頑張ろう!


弁理士 岩崎博孝
posted by にーがた弁理士 at 07:40| 日記