2016年05月31日

新潟に「知財検定」を誘致したい!

以前から、「どうして新潟には知財検定の試験会場が設定されないのだろう?」と常々思っていました。
例えば7月10日に行われる第23回試験の試験会場は以下の通り

【北海道 宮城 東京 神奈川 石川 静岡 愛知 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 徳島 香川 福岡】

新潟の人が受検するとなると、一見石川会場が近く思えますが、新幹線を使って東京で受検するのが一番楽かもしれません。そうすると受検費用+新幹線代ということで結構な費用がかかってしまいます。
本州における日本海側の都市としては最大規模(しかも政令指定都市)を誇る新潟市なのですから、受験会場設定して欲しいなぁと思います。

それを実現するには、まず新潟県在住の受検者を増やし、検定主催者側に「新潟にも会場設置するか!」と思ってもらうのが一番です。簡単では無さそうですがやってみる価値はありそう。


事務所を新潟に移し、新潟常駐の弁理士となるわけですから、通常の出願業務だけでなく、新潟地域全体の「知財啓蒙活動」も行いたいと思っています。「知財検定」という切り口から新潟地域に貢献するというのも、ある意味私らしいスタンスで良いんじゃないのと思っています。
本も売れるかもしれないしぃ〜(^_^)v


新潟県内の商工会、発明協会などの団体、更には大学や専門学校などの教育機関と組んで、「知財検定受検対策セミナー」のようなものを開催できればよいななんて考えを思い巡らせています。
知財検定の書籍を出していたり、大学で講師をやっている経験が、少なからず強みになってくれるかもしれません。
トライしてみたいと思います!


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 07:38| 日記