2018年06月06日

知財検定3級過去問解説 第29回 実技 問21

【問21】

 商品自体の形状であっても、登録要件さえ満たしていれば商標登録を受けることが可能です。『人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの』であれば商標として保護される可能性があります(商2条1項)。

 使用によりキャラクター自体が識別標識として機能する可能性はあるため、商標登録するべきという考え方は適切です。

 包装紙であってもそのデザインがユニークであれば識別標識として機能する可能性はあるため、商標登録するべきという考え方は適切です。


【解答 ア 】合格教本4−1参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 16:00| 知財検定過去問解説