2018年06月06日

知財検定3級過去問解説 第29回 実技 問27

【問27】

『実用新案権の存続期間は、実用新案登録出願の日から十年をもつて終了する。』と規定されています(実15条)。

よって、出願日である2016年7月5日から10年となり、2026年7月5日となります。
※初日不算入の原則(特3条1項)により出願日(初日)である7月5日ではなく、7月6日からカウントするため2026年7月5日が存続期間の最終日となります。


【解答 2026年7月 】合格教本2−1参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 16:49| 知財検定過去問解説