2018年06月06日

知財検定3級過去問解説 第29回 実技 問30

【問30】

『継続して三年以上日本国内において商標権者、専用使用権者又は通常使用権者のいずれもが各指定商品又は指定役務についての登録商標(書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標、平仮名、片仮名及びローマ字の文字の表示を相互に変更するものであつて同一の称呼及び観念を生ずる商標、外観において同視される図形からなる商標その他の当該登録商標と社会通念上同一と認められる商標を含む。以下この条において同じ。)の使用をしていないときは、何人も、その指定商品又は指定役務に係る商標登録を取り消すことについて審判を請求することができる。』と規定されています(商50条)。

 上記下線部の通り、使用しているか否かの判断においては同一の商標だけでなく「社会通念上同一」の商標まで含まれます。即ち、同一の商標を使用していなくとも社会通念上同一の商標を使用していれば取り消されません。

【解答 社会通念上同一 】合格教本4−7参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 17:01| 知財検定過去問解説