2018年06月06日

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問21

【問21】

 優先日から18月経過後に国際公開されますが、国際公開を行うのは「国際事務局」です。

 その通りです。

 国際調査は自動的に行われるため、そのための請求は必要ありません(そのような制度もありません。)。なお、国際予備審査は出願人から請求があったものに限り行われるので、それとの混同に注意。


【解答 イ 】合格教本5−3参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 07:48| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問20

【問20】

 著名表示冒用行為とは、『自己の商品等表示として他人の著名な商品等表示と同一若しくは類似のものを使用し、又はその商品等表示を使用した商品を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、若しくは電気通信回線を通じて提供する行為』と規定されています(不2条1項2号)。

 上記の通り、類似のものであっても該当する場合があります。

 商品等表示・・・『人の業務に係る氏名、商号、商標、標章、商品の容器若しくは包装その他の商品又は営業を表示するものをいう。』と規定されています(不2条1項1号)。よって、音や物品の形態であっても「商品又は営業を表示するもの」に該当する限りにおいて含まれます。

 上記の通り、混同の有無については求められません。


【解答 ウ 】合格教本7−2参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 07:27| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問19

【問19】

 不使用取消審判は「何人も」請求可能です(商50条)。

 問題文記載の通り(商44条)。

 商標登録無効審判が請求されている場合であっても、不正使用取消審判の請求は可能です。ただし、無効審判の審決が確定して当該商標権が無効とされた後は、(取り消す対象が既に無くなっていますから)不正使用取消審判の請求はできません。


【解答 ア 】合格教本4−4、4−7参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 07:14| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問18

【問18】

 請求項は、「明細書」ではなく「特許請求の範囲」という書類の中に記載する事項です。

 全て「明細書」に記載すべき事項です。

 図面は、「明細書」とは別の書類のことです。また、発明の要約は、「要約書」という書類の中に記載する事項です。


【解答 イ 】合格教本1−8参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 07:04| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問17

【問17】

 引用していることが明らかであっても、どの部分が引用箇所なのか区別できる状態で引用する必要があります。

 引用できる著作物は、公表されているものに限られます(著32条)。

 その通りです(著48条)


【解答 ウ 】合格教本6−13参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 06:59| 知財検定過去問解説

2018年06月05日

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問16

【問16】

 問題文記載の通りで適切(商3条1項4号)。このような商標は識別力がないためです。

 問題文記載のような商標は、商標登録を受けることができません(商4条1項18号)。

 商標登録の要件として「新規性」が求められることはありません。


【解答 ア 】合格教本4−2、4−3参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 14:47| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問15

【問15】


意匠法第5条に、以下のように規定されています(下線部は筆者加筆)。

第五条 次に掲げる意匠については、第三条の規定にかかわらず、意匠登録を受けることができない。
一 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがある意匠
二 他人の業務に係る物品と混同を生ずるおそれがある意匠
三 物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠

よって、イが最も適切。


【解答 イ 】合格教本3−2参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 14:36| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問14

【問14】

 出願審査の請求は、何人もすることができます(特48条の3第1項)。よって、公開特許公報により特許出願の事実を知った第三者であっても請求可能です。

 『出願審査の請求は、取り下げることができない。』と規定されています(特48条の3第3項)。

 問題文のような規定は特許法には存在しません。


【解答 ア 】合格教本1−10参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 14:32| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問13

【問13】

『特許発明の技術的範囲は、願書に添付した特許請求の範囲の記載に基づいて定めなければならない。』と規定されています(特70条1項)。よって、イが最も適切。
 なお、特許請求の範囲に記載された用語の意義を解釈するにあたっては明細書の記載及び図面も考慮されます。


【解答 イ 】合格教本1−14参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 14:20| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問12

【問12】

 『著作者人格権及び著作権の享有には、いかなる方式の履行をも要しない。』と規定されている通り(著17条2項)、著作権法では所謂「無方式主義」を採用しています。よって、登録が権利の発生要件とはなりません。

 創作年月日が登録できるのは、プログラムの著作物に限られます(著76条の2)。

 問題文記載の通りです(著76条)。


【解答 ウ 】合格教本6−1、6−18参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 13:47| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問11

【問11】

受理官庁は、次の要件が受理の時に満たされていることを確認することを条件として、国際出願の受理の日を国際出願日として認める。』と規定されています(PCT11条(1))。
 それ以外の「国際公開日」や「国際調査機関が記録原本を受理した日」が国際出願日となることはありません。

【解答 イ 】合格教本5−3参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 13:39| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問10

【問10】

 『第一年分の登録料の納付があつたときは、意匠権の設定の登録をする。』と規定されると共に(意20条2項)、『前項の登録があつたときは、次に掲げる事項を意匠公報に掲載しなければならない。』とされています(意20条3項)。よって、第1年分の登録料の納付があった後に,その登録内容を記載した意匠公報が発行されます。

 『意匠登録出願人は、意匠権の設定の登録の日から三年以内の期間を指定して、その期間その意匠を秘密にすることを請求することができる。』と規定されています(意14条)。

 意匠法には出願公開制度は採用されていません。審査を経て登録となったものだけが意匠公報として発行されます。


【解答 ウ 】合格教本3−3、3−7参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 13:22| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問9

【問9】

 特許法において、侵害者に対して信用回復措置の請求が規定されており(特106条)、その規定を商標法でも準用しています(商39条)。

 特許法において、専用実施権は登録しなければ効力が発生しないと規定されており(特98条1項2号)、その規定を商標法でも準用しています(商35条)。

 特許法においては、『通常実施権は、その発生後にその特許権若しくは専用実施権又はその特許権についての専用実施権を取得した者に対しても、その効力を有する。』と規定されていますが(特99条)、商標法ではこの規定を準用していません。よって、商標法においては、通常使用権を登録しなければその後に取得したものに対して効力を有しません。


【解答 ウ 】合格教本1−15参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 13:14| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問8

【問8】

 特許業務法人は所謂「弁理士業務」を行うことができると規定されています(弁40条)。よって、特許業務法人名義で特許出願の代理が可能です。

 『特許、実用新案、意匠、商標、回路配置若しくは著作物に関する権利若しくは技術上の秘密の売買契約、通常実施権の許諾に関する契約その他の契約の締結の代理若しくは媒介を行い、又はこれらに関する相談に応ずること。』について、弁理士が業としてその事務を行うことができると規定されています(弁3条1号)。

 単独で特許権のライセンス契約に関する交渉の代理人となれますが(上記イの解説参照)、自己が出願代理を行った特許権に限定されません。


【解答 ア 】合格教本10−1参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 12:55| 知財検定過去問解説

知財検定3級過去問解説 第29回 学科 問7

【問7】

 「拒絶審決の取消しを求める訴え」拒絶査定不服審判の審決(最終結論)に対するものなので、審判請求と同時にできるものではありません。

 特許出願の分割は、願書に添付した明細書等について補正をすることができる時又は期間に行うことができます(特44条1項1号)。一方、『拒絶査定不服審判を請求する場合において、その審判の請求と同時にするとき』は明細書等の補正が可能です(特17条の2第1項4号)。よって、特許出願の分割が可能です。

 上記イの解説を参照。


【解答 ア 】合格教本1−9、1−10参照
(注意事項)
・問題は知財検定HP等でダウンロードすることが可能です。
・解説は、各回試験が基準とする法令に基づく解説であり、その後の法改正には対応しておりません。
・著作権及び著作者人格権は、「弁理士 岩崎博孝」に帰属しています。私的使用の範囲内で利用してください。


弁理士 岩崎博孝
posted by 弁理士いわさき at 12:43| 知財検定過去問解説